テレマティクスで車両の管理を行なう~サクサク便利な管理術~

ネットワーク

便利なシステム

PC

病院での2次感染予防に効果

現在中小の病院でPCやスマートフォンを使用した診療予約システムが普及し始めています。インターネットを使用した病院の予約が可能になり、おおよその開始時間や診察順番がわかるようになります。これにより待合室での待ち時間の減少、また待ち時間現象による待合室内における2次感染を防ぐ効果が上がっています。導入されている診療予約システムによっては診察前の数十分前に連絡通知が行われ、無理なく病院に向かうことが出来るようにもなっています。これは小児科や高齢者向けの診察が多い病院では特に効果が見られています。付き添う保護者も病院にいって病気を移される心配が少しでも減少されることから病院を選ぶ際のひとつのメリットとして挙げられるのではないかと思います。

混雑状況が分かるため突発の患者は診察を断られるケースもある

良い面だけではない。1日の診療予定が事前にわかることから当日の突発の患者の診療を断るケースもあります。診療予約の状況が見えてしまうだけに受付を断るケースもあります。診療予約システムを知らない患者にとっては病院自体が混雑しているように見えない状態で診療を断られるのは、納得がいかないことだと思います。診療をしてもらえたとしても最後の順番に回され一度自宅に戻るような場面も良く見られます。今後このような病院の診療システムを自治体レベルで公開や紹介を行い、またシステムに振り回されない教育を事務関係者にすべきだと考えます。一番苦しんでいるのは患者自身でありシステムは以下に円滑に業務をこなせるようにするかを手伝うための手段と考えるべきです。システム導入というのはそのソフトや環境だけでなく、患者さんの身になった人間性を持つことも再認識することで成功を収めるシステム作りだと考えます。

車両の管理

病院で活用されている救急車などの緊急車両はいち早く道路状況の判断や到着場所の確認、現在の位置を知る必要があるでしょう。これらの多くの情報を得る手助けをしているシステムがテレマティクスです。テレマティクスは緊急車両に限らず、快適な運転を実現するためには必要不可欠なシステムです。

コスト削減ができる

ネット

便利なサービスとして活用できるのが、TV会議です。TV会議を利用することで、離れたところにいる人達と簡単に臨場感がある会議を行なうことができます。そのため、コスト削減に繋がるのです。

音声を重要視

システム

WEB会議を導入する際に、特に重要視したほうが良いのは、音声です。音声が良いと、会議もスムーズに進めることができます。課金制と定額制があるので、企業の使い方によって選ぶと良いでしょう。

安定性がある

PC

WEB会議やTV会議を導入している企業も多いですが、電話会議を活用している企業も多いです。電話会議の魅力は、簡単に導入できて、すぐに使用できることです。安定性もあるので、安心して使うことができます。